ネズミ駆除はスーパーマーケットも定期的に行っています。
スーパーも食品をたくさん扱っているため、ネズミ被害に遭いやすい状況です。
ほとんどのスーパーさんで悩ませていると思います。

今回は福岡市のスーパーマーケットのネズミ駆除と侵入対策をご紹介いたします。

ネズミが侵入するルートを突き止める

スーパーでも、飲食店舗でも、一戸建てでも一番大切なことはネズミが侵入してくる場所を徹底的に調べて突き止めることです。

ネズミの侵入ルートを調べることで、ネズミの行動を予測し、必要最小限の駆除施工を行えます。ネズミの行動を予測できなければ、無駄に粘着シートを敷き詰めたり、全く見当違いの箇所を封鎖してしまったり、手間と費用がかかってしまいます。もちろん、場合によっては粘着シートをたくさん敷き詰める場合もありますが。

ネズミが侵入する箇所を塞げない場合もある

こちらのスーパーでは冷蔵ケースの背中側の壁が空いているため、そこからネズミが侵入していたようです。

福岡スーパーのネズミ侵入口
冷凍ケース下部よりネズミが侵入

明らかにネズミが侵入している形跡があり、どうにか壁の空いている箇所を封鎖したいのですが、この冷蔵ケースは転倒防止のために床や壁に固定されていたため、動かすことができません。そのため侵入口となっている隙間を塞ぐことができません。

このようにネズミが侵入しているにも関わらず、物理的にネズミの侵入口を塞げない場合もあります。

ネズミ侵入ルートの封鎖
パンチングメタルによる封鎖

今回のケースでは、大きく開いた冷蔵ケースの下部分を60cmに渡り閉塞いたしました。使用している資材はパンチングメタルと呼ばれるものです。

ネズミの執着心はすごいもので、いつも出入りしていた箇所が封鎖されても、中途半端な封鎖であったり、封鎖する資材によっては、ネズミが齧って穴を開け、どうにか侵入してこようとします。
このパンチングメタルであれば、齧って穴を開けられる心配もありません。

ネズミは大食漢でたくさんの食べます。侵入できないとわかると、その場所に拘っていられず別のところに行ってしまいます。封鎖する場合には、徹底して行うことが大切です。

侵入口そのものが塞げない場合は、その先のルートを遮断することで、ネズミの侵入を防ぎ、建物に入っても無意味だとネズミに思わせます。

陥没した床下からネズミが侵入することも

さらに、こちらのスーパーではゴミステーションの地面が陥没して隙間ができていました。陥没した箇所の隙間からネズミが出入りしてゴミをあさっていたようです。

福岡市内でも地面が陥没してそこからネズミが出入りしているケースがよく見受けられます。

ネズミ侵入ルートをモルタルで封鎖

モルタルを使用して隙間を塞ぎます。

ネズミ侵入ルートを封鎖する資材は、室内・室外、またその場所によって使い分けていきます。

ネズミ駆除をご自身で試されることも多いと思いますが、プロにお任せいただくことで短時間で駆除ができることが多いので是非ご相談ください。

ネズミ駆除の現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください。

福岡のネズミ駆除のついてはコチラ